ヒプノセラピーで何ができるのか

催眠療法の効果と適応

ヒプノセラピー(催眠療法)は心理療法の一種です。

催眠療法とは、催眠状態となった患者が自分の潜在意識との
対話を通じて、問題解決のためのヒントを導き出す心理療法です。


その中でも前世療法は、比較的新しい手法であり、催眠状態のまま、
記憶をさかのぼり前世の世界を体験するものです。
マインドフルネスやアファメーションでは何も改善しなかった方にもおすすめです。


前世を思い出すことで、どうして悩みが解消するのか、
その仕組みについてもホームページではわかりやすく解説しました。


前世療法を全世界に知らしめたのは米国の精神科医ブライアン・ワイス博士です。
1988年にワイス博士が最初の前世療法に関する著書を出版してから、
すでに二十年以上も経過しましたが、日本ではまだまだ取り組む医師は少ないのが
現状です。



催眠療法が効果を発揮する仕組み


人間の意識には通常、機能している表面の意識である顕在意識と、
その背後にあって、無意識の領域をつかさどる潜在意識があります。


無意識に行動している状態とは、潜在意識が活動している状態でもあります。
それは表面意識が沈静化している状態でもあります。


潜在意識の活性化がある一定以上のレベルになったものが催眠状態(トランス状態)です。
軽度の催眠状態であれば、誰でも日常生活で体験しているものです。


それを意図的に深めるために、言葉の暗示やイメージを使い、
深いレベルまで誘導することを催眠誘導といいます。


その状態になると、心の自然治癒力が働きやすくなります。
このとき、正しい誘導を行うことで、心の自然治癒力を最大限に引き出し、
心身の問題解決をはかるのが催眠療法です。


もっとも基本的な催眠暗示療法では、良い方向づけをする暗示により、
人の行動を変えようとしますが、これは一時的な効果しか維持できず、
効果を長期的に保つには、何度も催眠暗示療法を繰り返さねばなりません。


これに対し、退行催眠では過去の問題があった時点まで記憶をさかのぼり、
その問題に取り組んで解決をめざすのですが、嫌な記憶を思い出すことは、
良くない一面も持っています。


その欠点を補ってあまりあるのが、前世療法という手法です。
前世という世界を体験する中で、問題を潜在意識の中で解決し、新しい光をあてるのです。
この時、魂のガイドと呼ばれる存在が登場します。


魂のガイドは、問題解決のアドバイスを与え、心の自然治癒力を引き出してくれます。
これは、セラピストの技量が大きく影響する手法でもあり、性格にガイドにつながれない
場合には何の意味もないメッセージを受け取ってしまうことになります。


セラピー成功の精度を高めることが重要です。当施設では、そのための独自のノウハウを確立し、
その基本部分を教材化し、誰でも学べるように仕上げました。
⇒ 家庭でできるヒプノセラピー


その後、さらに多数の症例経験を重ねて、現在の形になっています。
催眠療法では、インナーチャイルドセラピー、サブパーソナリティセラピー、未来療法、未来世療法と、
クライアントのかかえる問題に応じて、手法を使い分け、組み合わせ、治療の核である、
「自分だけの現実」の変容・昇華を実現することで、結果的に現実を変えていくお手伝いをします。


ヒプノセラピーで何ができるのか記事一覧

前世療法に関する久保征章の書籍

前世療法 [ 久保征章 ]価格:1,620円(税込、送料込)(↑クリックすると販売ページへ飛びます)読むだけでセラピー効果が得られる本前世療法、催眠療法の世界から導き出される心と体の法則、潜在意識を自分で変えていくためのノウハウをわかりやすく解説しています。現代医学による治療と催眠療法・前世療法の違...

≫続きを読む

 

催眠療法の種類とその特性

催眠療法とは、リラックス誘導によって顕在意識を沈静させ、潜在意識を活発にさせた上で、行う心理療法の一種です。【催眠暗示療法】…行動修正につながるプラス暗示を潜在意識に送り込む。【退行催眠】…過去の問題となった事件まで記憶をさかのぼり、その時点での解釈の修正を行うことで、トラウマを解決する。幼児期の問...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
プロフィール こんなケースに 体験談 セラピーメニュー ご予約・お問い合わせ アクセス