催眠療法の種類とその特性

さまざまな催眠療法の種類とその適応について

催眠療法とは、リラックス誘導によって顕在意識を沈静させ、
潜在意識を活発にさせた上で、行う心理療法の一種です。


【催眠暗示療法】
…行動修正につながるプラス暗示を潜在意識に送り込む。


【退行催眠】
…過去の問題となった事件まで記憶をさかのぼり、
その時点での解釈の修正を行うことで、
トラウマを解決する。幼児期の問題が多い。


【前世療法】
…過去の記憶は誘導の仕方によっては胎児の記憶や
それよりも前の記憶(前世)までさかのぼらせることができます。
そこにアプローチすると病気の治癒を促進するので、
セラピーとして有効と考えられます。


【未来療法】
…催眠状態では、未来のビジョンを見ることができます。
二つの選択肢のどちらを選ぶとどうなるのか、
それぞれを体験することができるのです。
自分の進むべき本当の道を知ることのできる優れたセラピーです。


【未来世療法】
…前世療法の応用で、来世をみるものです。
今生の生き方がどう来世に影響しているのかを知ると、
いま、なすべきことが見えてきます。


【サブパーソナリティ療法】
…自分の中の副人格(サブパーソナリティー)を呼び出し、
情報を得る方法です。
潜在意識の中にある無限の情報へとアクセスする手法の一つです。
魂のガイド、マスターとよばれる守護者との対話もこの手法の応用です。



催眠療法や前世療法について、精神科の医師でも理解のある人は少ないので、
あまりすすめないというケースが多いでしょう。


といってもすべての医師がそうではなく、日本催眠医学心理学会、日本催眠学会、
日本臨床催眠学会などの学術団体があり、そこに多数の医師が在籍しています。


私も入っていますが、症例研究、事例研究を重ねており、
催眠を医療に役立てようと情熱を傾けている医師も多いのです。


まだ、国が承認して保険診療の適応になっていないだけです。
認知行動療法ですら、2010年4月からようやく保険適応になったのです。
それぐらいこの分野では日本は遅れているのです。


催眠療法は医師から受けるようにしましょう。
日本には、催眠療法士という国家資格はなく、民間資格のみしかないのです。


このため、医師や看護師などのような国家資格がない人が、
医学知識や生理学、看護学、精神病理学などの基礎のないまま、
安易にサロン開業している実態があります。


しばしば、○○ヒプノセラピスト等の資格だけを提示して開業している人がいますが、
これは二日間の講習で誰でも取れるような資格であり、これのみで
実際の患者の心身を扱うことの危険性を理解する必要があります。


症状や気持ちの原因が何であるのか。それを探し出す方法はいろいろあるかと思います。
その中でも、一番、おすすめしたいのは、ヒプノセラピー(催眠療法)です。


催眠状態で、幼児退行催眠や前世退行催眠を使って、心の中にある原因を探ることができます。
このセラピーの良いところは、自分の潜在意識と自分が対話することで答えを引き出す点です。
誰かから言われるのではないので、納得ができるのです。


また、同時に解説策のアドバイスも潜在意識から
得られるので、原因を知るだけにとどまりません。改善、解決への道が開けます。


ただし、メンタルクリニック通院や服薬をされている場合は、医師によるヒプノセラピーが安全です。
詳しいことは拙著『前世療法 医師による心の癒し』(東方出版)をぜひお読み下さい。


そこには事例も紹介されており、また自分でできる心のコントロールの
方法も解説されていますので参考になさってください。


ヒプノセラピーは、抱えている問題やテーマ、メンタル疾患の状態によっても違ってきますが、
通常のカウンセリングよりは圧倒的に少ない回数で一定の成果が出ます。


これは通常の会話を介して、潜在意識に接触しようとするカウンセリングに比べて、
催眠状態をまず作り出して直接、潜在意識にアクセスするヒプノセラピーの即効性によります。


悩み事の種類によっては一度のセラピーで解決します。多いのは離婚しようかどうか迷っている相談など。
こうしたものは、未来を見れますので、離婚した未来と離婚しなかった未来を両方体験して、
自分で結論が出せます。こういうものは一度で完了します。


ダイエットの場合は目標の体重になるまで数回のセラピーを必要とします。
減量の幅にもよるのですが、こうしたケースでは十数回かかることもあります。


心のトラウマを解除するセラピーの場合、一度から数度です。
トラウマの解除のセラピーは、前世療法やインナーチャイルドセラピーを使うことが多いですが、
仮に一度しか受けなくても「生まれてきた目的」「人生のテーマ」「今の問題点」が出てくるので、一定の成果は出ます。


民間セラピストでは、セラピーで出た映像や物語の現実への統合作業がうまくできない人が多く、
せっかく得た潜在意識からの情報を活用しきれていないケースを見かけます。
セラピストの腕前が結果を左右するのです。

催眠療法の種類とその特性関連ページ

前世療法に関する久保征章の書籍
読むだけでもセラピー効果が得られる本、『前世療法 医師による心の癒し』(東方出版)の秘密を公開。

ホーム RSS購読 サイトマップ
プロフィール こんなケースに 体験談 セラピーメニュー ご予約・お問い合わせ アクセス