医師の前世療法・催眠療法〜京都府八幡市

医師から催眠療法を受けるほうがよい理由

なぜ、医師から受けるほうが安全なのか?

催眠療法は医師の資格を持つセラピストから受けるほうが良いです。
その理由は、第一に催眠療法士の国家資格が日本では存在しないため、
誰でも簡単にサロンを開業しても違法にならないという現実があります。


このため医療関係者でもない普通の人が、全米催眠療法協会などの講座を受けて
認定催眠療法士の資格をとり、開業するケースも多いです。


これは二日間の簡単な講座で誰でも取れるものであり、
この程度で本格的なセラピーができるとは思えません。


もうひとつは心療内科や精神科の通院歴のある人の場合は特に病気を悪化させないよう配慮が必要です。
薬の知識、病気の知識、生理学の知識もないにわかセラピストにかかることは危険でさえあります。


最期に、催眠状態にはいった場合に、ごくまれにですが自律神経の失調のような
血圧変動を起こしたり、体調不良をおこすケースもあり、
医療知識や臨床経験がないセラピストに患者の安全が確保できるのか疑問です。


しばしば電話催眠などを受け付けるセラピストをみかけますが、離れた場所の相手が
催眠中に体調変動や事故に見舞われた時の責任をどうとるのでしょうか。
インナーチャイルド療法(これも催眠療法)が電話でできますというものなども危険です。


ただし、残念ながら医師のセラピストは全国で数カ所しかありません。
催眠状態での体験を現実に統合する作業ができないセラピストが多い。
これが医師以外をすすめられない、もうひとつの要因です。


精神科医であるブライアン・ワイス博士も「前世療法2」の中で、前世療法は医師から受けなさいと
明記しています。


日本では国家資格がないので、催眠療法士の世界は無法地帯になっています。
危険な状態でもあるのです。
いいかげんなセラピーをされてかえって悪くなることもあるので、注意が必要です。


資格についてあまりご存知ない方のためにもう少し説明を付加しますと、
まず、医師や看護師や鍼灸師は国家資格であり、
数年間の勉学のすえ国家試験を通過した人にだけ与えられるものです。


そして、催眠療法士の国家資格というものは日本に存在しません。
資格と称されているものはすべて民間グループによって個々に発行されているものです。


例えば、あるアメリカの協会が発行している資格は、二日間簡単な講習を受けるだけで与えられます。
こんな短時間で何もわかるものではありません。


たとえば、昨日まで証券関係の仕事をしている人があるときからヒプノセラピストになったりも可能なのです。
生理学、医学、薬理学、病理学の勉強もほとんどないままで、催眠療法に携わる危険性を考えて頂きたいです。


前世療法で有名なブライアン・ワイス医師も「前世療法は医師によって施術されるべきもの」
と著書の中で述べています(『前世療法2』PHP出版)


また、通院中や服薬中の方が、体調変化を起こした時に、
こうした民間セラピストは責任をもって対応できるのか疑問です。


もし、病気、メンタルの症状を改善することを目的として受けるのであれば、
必ず、医師による催眠療法を受けて下さい。

医師から催眠療法を受けるほうがよい理由関連ページ

前世療法は未来を変える力がある
前世療法は過去世を確かめるだけではありません。それは未来を切り開き、運命を変えるパワーを持つセラピーです。
過去は変えられるのか?
誰でも消してしまいたい過去を持っているのかもしれません。そんな過去をどうすれば、乗り越えられるのでしょうか。
苦しみが起きてくる理由
人間にとって避けて通ることのできない人生の苦しみ。それは病気だけではありません。人間関係や金銭、仕事などさまざまな苦しみの根源にあるものとは?
人生をあきらめる必要はない
現実をみればあきらめるしかないという状況が人生にはあるかもしれません。そんな場合でもあきらめずに前に進むために大切なこととは?
引き寄せの法則と前世療法
引き寄せの法則と前世療法は矛盾しているのか?その疑問について明解に解説します。
前世療法の矛盾点
否定派がしばしば指摘する前世療法の矛盾点について解答し、疑問を氷解します。
不倫から脱却できたケース
不倫が全部否定されるものか否かは意見が分かれるところですが、前世療法では本人にとって一番幸せになれる道に自然に導かれるのです。
加害者意識と被害者意識
被害者意識ばかり強くて、周囲をすべて敵視する人もいれば、加害者意識で罪悪感にとらわれる人もいます。
因果応報と願望実現
願望がどうしても叶わない人にはどのような原因があるのでしょうか?その秘密を全部公開します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
プロフィール こんなケースに 体験談 セラピーメニュー ご予約・お問い合わせ アクセス