医師の前世療法・催眠療法〜京都府八幡市

引き寄せの法則と前世療法

引き寄せの法則と前世療法の関係を正しく理解するには

すべてはカンタンな一つの法則から成り立っています。
それは、『思考は現実化する』。


自分の考えたイメージ、ビジョン、想念というものが、
そのまま実現していくのです。


潜在意識の特別な働きがその詳細を決めています。
それは、二つの働きです。


『潜在意識には(思考の現実化には)自他の区別はない』


つまり自分の幸せを願うことも他人の幸せを願うことも、
幸せの実現というシンプルな意味となって実現する。


自分の不幸や死を願うことも、他人の不幸や死を
願うことも、不幸の実現というシンプルな意味となって実現する。


『思考が現実化するには、一定の時間が必要である』


念じてポンポンと出てくるものではないのです。
その思考が実現する時、本人のその時のポテンシャルの
レベルによって時間がものすごくかかる場合があります。


つまり芸術家になって活躍したいと思考したことが、
今生で実現できない場合は、それは来世に持ちこされます。
来世で実現する場合があります。


本人の努力が今生で成就するまで至らない場合、
マラソンでいえば42.195キロを完走できないで20キロで寿命が終わった場合、
のこりの20キロ余りを来世で走りきって、成就させます。


この世は不平等だという人がいますが、前世、今生、来世まで見渡してみれば、
すべて平等、公平に報われる仕組みです。
平等に報われるがゆえに、一見、不平等になっているように見えるのです。


今生の一部分を切り取ってみれば不平等に見えるかもしれないですが、前世から今生、
そして来世まで見渡せば、全部公平に善因善果、悪因悪果となります。


前世からの因果応報とは、前世での思考が今生で現実化しただけだとわかります。
前世のことを覚えてないのでわからないだけなのです。


これが前世の意味で、前世でやった努力は才能や素養になり来世に受け継がれます。
他人を幸せにした行為は徳分となり、来世の自分の運勢を形づくります。


そして、こうしたプラスのいわば貯金だけではなく、借金も残るのです。怠けて一生を終えたり、
他人を苦しませて生きたりすれば、それは借金になり、来世でのマイナス運気、能力不足、悪習慣、
中途挫折のクセ、などになってしまいます。


自殺も怠りの罪です。本来、天から授かった命で、自分の人生を幸せなものに
構築する天命を持っていきるものを、みずから中途で断ち切ったのですから殺人に匹敵するのです。


潜在意識、つまり魂の中には自他区別がない、人類共通の意識が根幹なので、他人にすることも
自分にすることも同じ意味を持つのです。


つまり、自殺とは他殺なのです。そして努力をせず怠けていることは、
自分の可能性を無駄につぶしている大罪ともいえるものです。


罪といっても、誰かが罰するというものでなくて、自分の魂が、罪悪感を感じて、
それを償おうとするのです。自分の魂は自分のすべてを知っているのです。


王陽明という人が「良知」(りょうち)という言葉を魂の働きとしてあげています。
王陽明は陽明学の始祖であり、山鹿素行や吉田松陰も、この陽明学を学んでいます。


良知とは、人間が生来持っている、善悪を見極めてより正しき道を選択していける
天来の知恵のことです。


王陽明はこの良知にめざめることを弟子に指導していました。良知にめざめると、
「知行合一}(ちぎょうごういつ)が達成し、「わかっちゃいるけどやめられない」がなくなります。


私の本で「ご主人公」にめざめることを想念のコントロールのカンタンなテクニックとして
解説していますが、「ご主人公」にめざめれば、おのずから「良知」が働き、自分のすすむべき道が
明確にわかるようになるのです。

引き寄せの法則と前世療法関連ページ

前世療法は未来を変える力がある
前世療法は過去世を確かめるだけではありません。それは未来を切り開き、運命を変えるパワーを持つセラピーです。
過去は変えられるのか?
誰でも消してしまいたい過去を持っているのかもしれません。そんな過去をどうすれば、乗り越えられるのでしょうか。
苦しみが起きてくる理由
人間にとって避けて通ることのできない人生の苦しみ。それは病気だけではありません。人間関係や金銭、仕事などさまざまな苦しみの根源にあるものとは?
医師から催眠療法を受けるほうがよい理由
巷にあふれる民間の催眠療法の問題点とは何か?その危険性について解説します。
人生をあきらめる必要はない
現実をみればあきらめるしかないという状況が人生にはあるかもしれません。そんな場合でもあきらめずに前に進むために大切なこととは?
前世療法の矛盾点
否定派がしばしば指摘する前世療法の矛盾点について解答し、疑問を氷解します。
不倫から脱却できたケース
不倫が全部否定されるものか否かは意見が分かれるところですが、前世療法では本人にとって一番幸せになれる道に自然に導かれるのです。
加害者意識と被害者意識
被害者意識ばかり強くて、周囲をすべて敵視する人もいれば、加害者意識で罪悪感にとらわれる人もいます。
因果応報と願望実現
願望がどうしても叶わない人にはどのような原因があるのでしょうか?その秘密を全部公開します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
プロフィール こんなケースに 体験談 セラピーメニュー ご予約・お問い合わせ アクセス