医師の前世療法・催眠療法〜京都府八幡市

前世療法の矛盾点

前世療法についてこんな矛盾点を感じたことはありませんか?

前世療法を体験すると、前世とか生まれ変わりなどに
実感を持てるようになる人が多いです。
そうなると、別の疑問もまた湧いてくるようです。以下のような質問を頂きました。


【質問】

因果応報が働くというのなら、酷い仕打ちを私にした人が、
私をどん底に落とし自分だけ幸せになり、
なんの咎めも受けずに暮らしているのはおかしいです。


非の打ち所のない人が、障害者であったり、事故等に巻き込まれた時
「それも因果応報、前世の行いが悪いからですよ」となるのでしょうか?


現世で何一つ非がなくても
「命を奪われたのは、前世で貴方が悪い人だったんですよ」となるのでしょうか?


やるせないニュースを見ているうちに、難病で苦しむ人を見るうちに、
前世があると仮定したとしても、なんて酷い報いだと悲しくなりました。


また現世でいくら反省しても、過ちやいざこざを
一度行ったが最後、来世があるならば、来世で生きていく事はあまりにも恐ろしい事です。


障害者の方や、事故などに巻き込まれた方は、前世では反省も何もしなかった極悪人なのでしょうか。
命を他人に奪われた方は前世で殺人者だったのでしょうか。あまりにも酷い仕打ちと学びです。


現世でいくら真面目に生きても、前世の行いによっては全てを奪われるなんて、恐ろしい話しです。
今生きていく事すら、逃げ出したくなります。





【回答】


上記は、前世や輪廻転生を知り、因果応報の法則を知った人が持つ最初の疑問です。
まず、本当に因果応報が働くなら、悪事をして栄えている人はどうなのという疑問について。


これは、因果というのは報いが来るのに機が熟さないといけません。
その機の一つは生まれ変わりの節目であるし、
この世とあの世の移行期です。死後にまず、いわゆる地獄界であがない、
残りは来世でもあがないます。


もうひとつは、一生の中でも厄年というのがあります。厄年というのは因果の帳尻があう天の機なのです。
厄年で大病を患ったり、試練に会って苦しむのがこれです。逆に厄年から大開運する人もいます。
これまで苦労を重ねた人などにみられます。(厄年は一生に数回あります)


次に因果応報で苦しむ人を見たら、
「あなたが悪いので当然の報いだ」と冷淡になるのかという話ですが、


もし、こんなふうに不運不幸で苦しむ人を見下す人物が
いたら、その人は因果の法則が何もわかってないです。


もし、自分が他人を見下すなら、差別するなら、
今度は自分にそのような立場が必ず巡ってくるのが因果の法則なのですから。


「いかなる人にも慈悲の心を忘れてはいけない」ということです。困っている人がいたら、
マザー・テレサのような人の中に神を見、その神に奉仕する心で愛を実践するのが正道です。


もう一つ、因果応報にはプラスの側面もあります。むしろ、こちらの方が重要です。
愛を実践し、他者を幸せにする生き方をしている人には
その積んだ善徳が幸福や幸運になって返ってきます。


今生の内にも機が熟せば返ってきますし、残りは来世にも貯金されます。
なので万一、今生でその努力が報われなくても必ず来世で返ってきます。
死の直前まで「努力」の意味があるということになります。


高齢になってからでも学問や芸術などを磨けば、努力の分だけ、
才能となって来世に持ちこせるのです。


多くの人類がそんな心になっていけば、
時代とともに世界の様相は変わるのではないでしょうか?

前世療法の矛盾点関連ページ

前世療法は未来を変える力がある
前世療法は過去世を確かめるだけではありません。それは未来を切り開き、運命を変えるパワーを持つセラピーです。
過去は変えられるのか?
誰でも消してしまいたい過去を持っているのかもしれません。そんな過去をどうすれば、乗り越えられるのでしょうか。
苦しみが起きてくる理由
人間にとって避けて通ることのできない人生の苦しみ。それは病気だけではありません。人間関係や金銭、仕事などさまざまな苦しみの根源にあるものとは?
医師から催眠療法を受けるほうがよい理由
巷にあふれる民間の催眠療法の問題点とは何か?その危険性について解説します。
人生をあきらめる必要はない
現実をみればあきらめるしかないという状況が人生にはあるかもしれません。そんな場合でもあきらめずに前に進むために大切なこととは?
引き寄せの法則と前世療法
引き寄せの法則と前世療法は矛盾しているのか?その疑問について明解に解説します。
不倫から脱却できたケース
不倫が全部否定されるものか否かは意見が分かれるところですが、前世療法では本人にとって一番幸せになれる道に自然に導かれるのです。
加害者意識と被害者意識
被害者意識ばかり強くて、周囲をすべて敵視する人もいれば、加害者意識で罪悪感にとらわれる人もいます。
因果応報と願望実現
願望がどうしても叶わない人にはどのような原因があるのでしょうか?その秘密を全部公開します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
プロフィール こんなケースに 体験談 セラピーメニュー ご予約・お問い合わせ アクセス